TFT 9.23 PBE - メタ・インフェルノオーシャンナミが来るかもしれない セット2 - TFT labo. | 攻略 LOL

メタ/構成

TFT 9.23 PBE – メタ・インフェルノオーシャンナミが来るかもしれない セット2

投稿日:

セット2にてTFTのランクマッチが復活します。スタートダッシュとなるパッチ9.23はランク勢にとっては最も重要かと思います。今回の記事は強いのかは現状わかっていませんが、面白そうなインフェルノオーシャンナミについてです。

※この記事はパッチ9.22時点のもので、テストサーバーの情報を元にしています。正式実装時とは状況が異なる可能性があります。

メタとなるかは様子見

へらアイテムが必要なため、インフェルノナミは裏技のような使い方でとどまるかもしれません。まさに一部のユーザーが使うインフェルノシンジドのような感じですね。

アイテムのモレロでも似たような効果が発生するようです(まだ文章になっていないので要検証項目です)。この効果と加えて、他のメタシナジーがナーフされます。そういった意味でオーシャン自体、モレロナミ自体は強いとは思っています。

さて、細かく掘り下げていきます。

基本情報

オーシャンチャンプ

チャンプスペルPatch
9.23
Vladimir1ダメージを与え、与えた分だけ自己回復する。

ダメージ:200/350/500
ダメージ:200/325/450↓
Syndra2ターゲットの位置にスフィアを呼び出し範囲ダメージを与える。

ダメージ:175/350/525
ダメージ:175/350/600↑
Thresh2詠唱後、最もHPの低い味方にランタンを投げ、周辺2マスの範囲の味方にシールドを付与する。

詠唱:0.25秒
シールド:200/300/400
シールド:5秒
シールド:250/400/600↑↑
Nautilus3最も遠い敵に向かって爆雷を発射しノックアップとダメージ、スタンを与える。

スタン:3/4/5秒
ダメージ:100/200/300
ダメージ:100/200/400↑
スタン:3/4/6秒↑
Qiyana3敵の隣にダッシュして衝撃波で当たったすべての敵にダメージとスタンを与える。衝撃波は前方2マスまで届く。

スタン:3/4/5秒
ダメージ:300/500/700
Nami5ランダムな敵に向かって津波を放ちダメージとノックアップを与える。津波に当たった味方は一定時間追加マジックダメージ得る。

スタン:1.5/2/2.5秒
ダメージ:150/250/350
ボーナスダメ:25/50/300
Lux7線上のビームを発射し、当たった敵にダメージを与え、キル時にマナを回復する。

※プール内に10種のエレメントのラックスが1体づつ存在する。ラックスを購入すると以降同じエレメントのラックスがショップに並ぶ(売ると変わる)。

ダメージ:500/800/9999
マナ回復:50

※この表はパッチ9.22時点のもので、一番右の欄はPBE9.23のアプデ情報です。テスト段階のもので、正式実装時に変更される可能性もあります。

ナミのスキルは津波で、広範囲へのスタンと味方へのダメージ上昇のバフを与えるものです。今回注目すべきは「味方へのボーナスダメ」の部分です。なぜこのボーナスダメが関わるのかは後程説明します。

関連シナジー

シナジー編成数効果(意訳あり)Patch
9.23
Inferno3/6/9インフェルノのスキルが当たったターゲットの足元を5秒間燃やし、踏んだ敵に軽減前のスペルの80%/150%/250%の継続マジックダメージ仕様変更
Mage3/6詠唱時、メイジは50%/100%の確率で2回詠唱する
Ocean2/4/6全ての味方は4秒ごとに15/30/50マナ得るマナ回復:15/35/60↑

※この表はパッチ9.22時点のもので、一番右の欄はPBE9.23のアプデ情報です。テスト段階のもので、正式実装時に変更される可能性もあります。

このメタが来そうな理由

インフェルノの仕様変更

Inferno Cinder now properly works on : Renekton,Jax,Rek’sai,Vayne,and Nami’s Tidal Wave empowered attacks.

Mortdg氏の配信より

なんとインフェルノは、ボーナスダメでも発生するようになります。ナミのスキルには味方へボーナスダメを付与する効果があります。このボーナスダメでもインフェルノの効果が発生するようになるようです。

ナミのバフを受けた味方が一時疑似インフェルノに

ナミの津波を受けた味方は通常攻撃にボーナスダメージが発生します。このボーナスダメージでもインフェルノの炎上が発生するため、ナミのバフを受けた仲間は疑似インフェルノ状態になります。

  • ナミの津波が当たった敵
  • ナミのバフを受けた味方が通常攻撃した敵

この2パターンでインフェルノ効果が発動するため、敵陣営一面が真っ赤に燃え上がるなんてこともあり得るかもしれません。

オーシャンのバフ

先ほど表で紹介した通り、オーシャン自体バフされます。パッチ9.22ではトップメタの一つであったオーシャンメイジがさらにバフされるということで、活躍の場は確実に増えるでしょう。

これに加えてシャドウ・ライト・グレイシャルという強いシナジーがナーフ予定なのも大きいです。PBE9.23のアプデ情報については別記事にてまとめています。

TFT 9.23 PBE – アプデとバフ情報 一部非公式

ウォーデンのバフ

これはおまけ程度ですが、オーシャンはウォーデンを内包しています。オーシャンチャンプのノーチラスとスレッシュがウォーデンを持っていて、自動的にウォーデン2も発動します。

ウォーデンも同じくバフされるため、少なからずオーシャンにもいい影響があるはずです。

[未検証]モレロナミも同様に発動するらしい

このボーナスダメージによる炎上は、同様にアイテムのモレロ(スペルが炎上ダメージを与える)でも発動するらしいです。モレロナミのスペルが炎上ダメージを与えるだけでなく、バフをもらった味方の通常攻撃に一定時間炎上が付くようになるんだと思います。

インフェルノナミはへらアイテムが必須のため、モレロナミの方が作りやすいですね。まだ未検証なのですが、本当だとしたらモレロはナミの必須級アイテムとなりうるかと思います。

インフェルノオーシャンナミの一例

インフェルノナミの核となる構成

この構成の基本となるのはこちらの6体です。オーシャン5・ウォーデン2・メイジ3が成り立ちます。オーシャン5とインフェルノ2のため、インフェルノもう1体が必須なのと、状況に合わせてオーシャンを4にするか6にするか決めます。

オーシャンへクスの場合

  • 上記6体
  • オーシャンキアナ
  • (インフェルノ)

オーシャンへクスの場合はオーシャン6が作りやすくなります。キアナを追加するだけでオーシャン6が成り立ち、あとはインフェルノ1体を編成してインフェルノ3が完成します。

もちろんオーシャンラックスが引ければ状況はより良くなりますね。

オーシャンへクス以外の場合

  • 上記6体
  • キンドレット
  • マスターイー

オーシャンへクス以外の場合はラックスがいないとオーシャン6は作れません。そのため、マスターイーとキンドレットを入れてミスティック2とインフェルノ3を発動させるのが効率がいいかと思います。

この構成だとオーシャン5のため、オーシャン1体を外せる余地があります。ブラッドかシンドラを外してベイガーを入れシャドウ4を目指したり、ブレードマスターを入れてマスターイーを強化したり色々考えられますね。

  • 上記6体
  • アニー
  • (サモナー)
  • (サモナー)

アニーを入れてサモナー3を作ることもできます。この場合はウォーデン2を削るか、もしくはレベル9で完成します。

こちらもオーシャンラックスがいると編成の幅が広がります。

メイジキャップがある場合はメイジ6

メイジは低ティアのチャンプが多く、メイジ6を目指すのに向いていない傾向があります。しかしながら、この弱点を克服できるアイテムがメイジキャップで、メイジの1枠を他のメイジ以外のチャンプから選ぶことができます。

メイジキャップがある場合は十分にメイジ6を目指すことができ、より強力なスペルダメージが期待できます。

インフェルノナミのカウンター

  • ミスティック – マジックダメージ軽減
    • 炎上ダメージやスペルダメージが軽減される
  • アイテム・ドラゴンクロウ – マジックダメージ軽減
    • 同上
  • ポイズン – マナコスト上昇
    • ダメージ源のマナ回復が阻害される
  • アサシン – クリティカル系上昇
    • ナミの暗殺

インフェルノナミのダメージはほぼマジックダメージです。そのため、ミスティックシナジーがシンプルな対策となりますね。また、ダメージはマナによって生まれるため、ポイズンシナジーも効果的です。

メイジやオーシャンチャンプはアサシンで暗殺してしまうという手もあります。

まとめ

モレロナミが発動するかどうかはまだ未検証ですが、もし発動するのならナミはトップティアのチャンプとなるかと思います。インフェルノナミが流行るかどうかを予想するのは難しいですが、一度はやってみたい構成です。

モレロナミのデバフは特にライトに効果的です。さらにライト自体の仕様変更によって大きく弱くなるため、ハイロールライトヴェインなどのライト系コンプはトップメタの一つから陥落してしまう可能性があるかと思います。

Mort氏の配信を全部理解したわけではないのですが、他にもメタとなりそうな構成はいくつかありそうでした。パッチ9.23まで間に合うようであればまた別のものも紹介したいと思います。

ソース

Mortdog氏の配信より – Twitch

-メタ/構成
-, , , ,

関連記事

Renekton

TFT 9.23 攻略 – EggRoll構成とは ハイパーウッドランドアサシン

今回の記事ではNAサーバーではEggRollと呼ばれている構成です。おそらく日本サーバーでも使われているとは思いますが、このような特別な呼び方はないと思います。この構成は、1位を取れるメタ構成の一つで …

MasterYi

TFT 9.22 セット2 メタ – シャドウ シナジーについて

セット2になって間もないですが、個人的なメタの大本命であるシャドウについて触れておきたいと思います。PBE初期時のレンジャーのナーフなどテストプレイ中でも大きく動いたメタですが、王道で強いと思うのはシ …

kda-kaisa

[TFT 9.20]メタ構成 – ノーブルカイサ

前回の記事ではカイサの使い方全般に触れましたが、今回の記事では一部のユーザーが好んで使うノーブルカイサについて紹介します。この構成はBlitzやTftactics、Lolchess.ggなどの高ティア …

kassadin

[TFT 9.17]韓国のメタらしいヴォイドアサシン構成/アイテム

最近たまに見かける構成なんですが、韓国のメタとして紹介されていたヴォイドアサシンを紹介します。ヴォイドアサシンと言えば良くて2~3位くらいのイメージを個人的には持っているのですが、普通のヴォイドアサシ …

Zed

TFT 9.22 PBE – 新ゼドの使い方とおすすめシナジー – セット2メタ

超大型アプデでシナジー、チャンプなどが一新されます。現在テストサーバー(PBE)ではバグが多数あるもののそのセット2のテストプレイが可能となっています。 その中でバグ的な強さを発揮しているのがティア2 …