[TFT 9.16]アプデ-へクステックシナジーについて - TFT labo. | 攻略 LOL

シナジー

[TFT 9.16]アプデ-へクステックシナジーについて

投稿日:2019-08-14 更新日:

この記事は2019年8月14日に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

今パッチの目玉は新オリジン「ヘクステック」、そして同オリジンの新チャンピオンであるカミール、ジェイス、ヴァイ、ジンクスです。「ヘクステック」はキャリーチャンピオン1体にアイテムを集めた相手への有効な対策となる特性ボーナスを持ちます。一方で対戦相手がヘクステック特性を組んでいる場合には、自チームのアイテムを複数チャンピオンに分散させて妨害効果を軽減する必要が出てくるでしょう。 

https://jp.leagueoflegends.com/ja/news/game-updates/patch/teamfight-tactics-patch-916-notes

テストサーバーで実装されていたへクステックシナジーとへクステックチャンプ4体が本サーバーに実装されました。その他の変更点も多々あるのですが、今回の記事ではへクステックについて主に書いていこうと思います。

アイテム複数スタックが弱体化

特性:アイテムを持つ敵ユニット目がけてボムを投げつけ、中心から半径1マス/2マスの全アイテムを8秒間無効化します。

ゼファーの5秒チャンプ無効化と比べていただいたら時間の長さが分かると思うんですが、8秒はかなり長いです。基本的に弱体化させられるのは「1体」プラスその周辺のチャンプになります。つまり1体に複数のアイテムをスタックすることはリスクになりますね。陣形を固めると一気にすべてのチャンプのアイテムが無効化される可能性が高まります。

敵の構成をよく見てアイテムをより多くのチャンプに分散させることや、配置もバラスことを検討しなければいけません。敵にへクステックが少なければ考えなくてOKです。

キャリーの性能を弱体化できるこのシナジーはかなり強力ではないでしょうか。個人的にはパッチ9.16ではへクステック2以上は必須クラスであるかなと思ってます。敵が対策を講じてきたら別のチャンプに入れ替えればいいだけですしね。

追記:やっぱへクステックは微妙かも

実際にプレイしてみてへクステックはそこまで強くないという印象です。へクステック2はファントムのように運ゲーですがキャリーをつぶしてくれるので刺さることがあります。

しかしながらへクステック4まで行くと少し構成が難しいですね。また、一度へクステックがあると分かるとすぐに対策されるので安定した力を発揮するのは難しいです。

奇襲などの可能性はある

1on1の時、さらに枠に余裕があるときなどブリッツを手札と入れ替えて敵のキャリーを奇襲するという陰キャ作戦もあるのですが、同じようにへクステックも使えます。特に敵が固まった陣形にはへクステックは刺さりますしね。

へクステックチャンプの紹介

  • ティア1:カミール(ブレードマスター)
  • ティア2:ジェイス(シェイプシフター)
  • ティア3:ヴァイ(ブローラー)
  • ティア4:ジンクス(ガンスリンガー)

ブレードマスター・シェイプシフター・ブローラー・ガンスリンガーのチャンプ数が増えました。つまりはこれら4つのシナジーは単純に強化されたとみて良く、よりフレキシブルになりました。それぞれのチャンプの性能は以下の通りです。

カミール ブレードマスターが手軽に

スキル:カミールのスキル「ヘクステック・アルティメイタム」は対象1体にスネアを付与し、さらに対象の敵ユニットを攻撃可能な位置にいる味方のターゲットをスキル対象に集めます。

クラス:ブレードマスター

コスト:1ゴールド

スキルダメージ:200/325/450

スキルは味方の攻撃を1体の敵に集めるというものです。集める対象を攻撃できる位置にいる味方のみですが、集中攻撃が可能になるのは強いです。さらにティア1のためブレードマスターがより集めやすくなります。カミール・フィオラ・シェンを集めればブレードマスター3が発動するので序盤からブレードマスターを使える機会は増えます。(おそらくノーブル3の方が強いと思いますが)

ジェイス 変身後はレンジチャンプに

スキル:「サンダーブロー」で敵ユニット1体をノックバックさせて敵の前線を崩し、直後に「マーキュリーキャノン」へ切り替えます。切り替えると攻撃速度が増加し、遠距離通常攻撃が行えるようになります。

クラス:シェイプシフター

コスト:2ゴールド

スキルダメージ:200/350/500

ジェイスはシェイプシフターを持っています。スキルは変身後に遠距離攻撃が可能になるというものです。より安全な位置からダメージを出しやすいジェイスはシェイプシフター3枠の中の1体に必要かもしれません。

ジェイスの登場によってシェイプシフター6も解禁されたので、目指してみるのもいいかもしれませんね。組み合わせは難しいですが、ドラゴンかへクステック、ワイルドあたりが固いかなと現状考えています。

ヴァイ ブローラーで強力なスキル持ち

スキル:最も遠い場所にいる敵をターゲットし、一直線に突っ込みます。この際、途中にいるすべての敵を横にノックバックさせてダメージを与えます。到達後は敵をノックアップしてダメージを与えます。

クラス:ブローラー

コスト:3ゴールド

スキルダメージ:250/450/650

スキルはパイクに似ていて、対象までの1直線上にいるすべての敵にノックバックを与えます。移動が少し遅くもっさりしていますが、スキル自体は有効です。ダメージが低めなので、パイク同様マナ系のアイテムを積んでスキルの回転率を上げるのが良いかなと思います。

ジンクス キルでスキルが発生するタイプ

スキル:1体敵を倒すと「超エキサイティン!」が発動し、攻撃速度ボーナスを獲得します。2体目を倒すと彼女愛用のロケットランチャー「フィッシュボーン」を引っ張り出し、以後は通常攻撃が範囲ダメージを与えるようになります。

クラス:ガンスリンガー

コスト:4ゴールド

ロケットのダメージ:100/225/350、爆発は合計3マスに広がる魔法ダメージ

ジンクスはキルでスキルが発動するという新しいタイプのチャンプです。2キル後のロケットは強力かつ広範囲のためかなりのキャリー性能があるかと思います。つまりジンクスにアイテムをスタックさせる優先度は高めで、ボウ系かソード系のアイテムが必要かなと思います。

クローク系のアイテムよりも、ダメージ系のアイテムが有効ですね。デバフ+ダメージが与えられるレッドバフがかなり有効かなと思っています。

-シナジー
-,

関連記事

gnar

[TFT 9.18]ヨードル3を研究する 高ティア構成

個人的に苦手というかよくわかっていない構成の一つにヨードル3があります。 海外のストリーミングを見ているとよくヨードル3を含めた構成で1位を取っているのを見ます。 今回の記事ではTFTのお役立ちアプリ …

veigar

[TFT 9.17]無理してキープする必要のないシナジー3選

このゲームはシナジーと言われる駒の組み合わせを駆使して対戦するゲームです。パッチ9.17時点では24ものシナジーが存在し、それぞれにノーブル6やノーブル3のようにシナジーのレベルが存在します。中には構 …

mf

[TFT 9.17]ガンスリンガーの構成とアイテム

個人的に好きなガンスリンガーについてパッチ9.17における立ち位置や構成について考えていきたいと思います。おもにNAサーバーでプレイしているのでJPサーバーの状況と多少違うかもしれません。 この記事は …

shyvana

TFT シェイプシフターで勝てなくて得た教訓

私がTFTを始めて最初に好きになった構成はシェイプシフターでした。LOLを見る専の私はナーやシヴァーナやエリスが変身するといったイメージは正直そんなになく、新鮮で、さらには変身後に敵をなぎ倒す彼女らの …

jinx

[TFT 9.16]ガンスリンガー6構成が強すぎた

私はもともとガンスリンガー構成が好きでした。しかしながらへクステックで登場したジンクスの人気が高く、とあるゲームでは8人中5人の手札にはジンクスがいるときもあるくらいでした。 たまたまガンスリンガーを …