TFT セット5 最新大型アップデートの先行情報 翻訳 – SET5

この記事は約4分で読めます。

TFTの大きなアップデートであるセット5の情報が少しでてきたので共有したいと思います。セットとは、他のスポーツのシーズン(シーズン1・2…)と似たような感じで、TFTはセット1から現在のセット4までの約2年ほどの歴史があります。

他のゲームでのシーズンの入れ替えは、新しいキャラクターの追加・キャラクターのバランス調整・ランクリセットが主なことが多いですが、TFTではアイテム以外のほとんどが入れ替わるため、他のゲームよりも新鮮さは多いと思っております。

さて早速内容を見ていきましょう。

※先行情報のため、正式ローンチの内容と異なる可能性があります。また、翻訳した情報のため、誤訳などもあるかもしれませんのでご了承くださいませ。

スマートフォンでご覧の方へ
テーブルが見にくい場合は、スマートフォンを横向きにしてみてください。

セット5 PBE情報

セット5のチャンピオンとアイテムについては現在準備中です。テスト段階のものなので、変更や修正が入る可能性が高いです。

セット5はいつから

  • セット5 テストプレイ:4月14日(Patch 11.8)
  • セット5 正式ローンチ:4月28日(Patch 11.9)

セット5は4月28日のパッチ11.9ローンチをが暫定的に決定しているようです。つまりは、テストサーバーではセット5PBEは4月14日のパッチ11.8からテストプレイが可能になるということかと思います。

※予定は変更される可能性もあります。

過去のセットの開始日とパッチ

  • セット1
    • Patch 9.13
    • 2019/06/26
    • 132日間
  • セット2
    • Patch 9.22
    • 2019/11/05
    • 134日間
  • セット3
    • Patch 10.6
    • 2020/03/18
    • 84日間
  • セット3.5
    • Patch 10.12
    • 2020/06/10
    • 98日間
  • セット4
    • Patch 10.19
    • 2020/09/16
    • 127日間
  • セット4.5
    • Patch 11.2
    • 2021/01/21
    • 97日間
  • セット5(予定)
    • Patch 11.9
    • 2021/04/28

セット5の新チャンピオンについて

SET 5: Reckoning

セット5の名前は、Reckoningということだそうです。直訳すると精算・決算という意味ですね。2周年の決算という意味で、セット1~4までの全てのデータやノウハウを詰め込んでくれるということでしょうか。なんとなくRIOTの気合を感じます。

サブテーマは、「善と悪」というもので、後述するチャンピオンとスキンから全てのチャンピオンは善もしくは悪のどちらかの勢力に振り分けられているのかなと想像しています。

1月の情報から登場したチャンピオン(ソース1)

  • ボリビア 千刺の熊スキン
  • ガレン 聖なる王スキン
    • 善側?
    • 悪側?のダリウスと同時には機能しない
  • ダリウス 聖なる王スキン
    • 悪側?
    • 善側?のガレンと同時には機能しない
  • モルガナ 盟約の魔女スキン
  • ヴィエゴ ノーマルスキン
  • ティーモ ちび悪魔スキン
    • 5コストと同等の強さ
    • 0ゴールドで買えるが、代わりにHPを支払う
  • リヴェン 秩序の光スキン

一部のチャンピオンは、詳細が公開されています。

3月の最新情報から登場したチャンピオン(ソース2)

  • リヴェン 秩序の光スキン
  • ヤスオ 混沌の闇スキン
  • ケイル ビリジアンスキン
  • ボリビア 千刺の熊スキン
  • ドレイヴン 滅びのスキン
  • ゲーム画面に登場したもの
    • オレリオンソル
    • アッシュ
    • シヴァーナ
    • ウディア?
    • ジグス?
    • グラガス
    • エイトロックス
    • ノーチラス?
    • ソラカ?
    • ワーウィック
    • カジックス
    • ニダリー

セット5のチャンピオンは、セット4.5のローンチ前の公式の動画にて一部のチャンピオンが公開されています。スキンが一部は聖なる王、その他はイメージが相反して悪魔・魔女となっていることからも伝わってきますが、「善と悪、混沌と秩序、光と闇」という対比がサブテーマとなると語られています。

ソース1

TFT in Season 2021 | Dev Video – Teamfight Tactics

ソース2

TFT Dev Drop: March 2021 I Dev Video – Teamfight Tactics

旧セットでも同じようなプレビューが公開されてきましたが、そこに登場したチャンピオンはほとんど全てが正式に新しいセットに登場しています。

その他の情報

TFT LABS(ターボモード)

現在TFTの1ゲームのプレイ時間は30分を超えることも多いですが、短い時間でプレイできるモードを考えておられるようです。ターボモードという名前でしたが、最新の情報ではTFT TABSと名前を変えています。

これは1ゲームの時間15分を想定した新しいTFTのモードで、一定期間でモードの詳細が入れ替わるようです。

最初に予定されているハイパーロールモード

  • HP10スタート
  • ハイパーロール
  • 負けによるHPの損失は一定(1,2….)

最初に予定されているモードは、ハイパーロールモードというものです。TFTにおけるハイパーロールは、お金を全て費やしリロールするという意味ですが、このモードではお金の心配なく?リロールできるとのことです(詳細はわかりません)。

通常のモードではHPは残った相手のユニット数によって細かく計算されますが、このモードでの負けによるHPの損失は一定で、スタートはHP1の損失、ゲームが終盤になるごとに2から3と増えていくようです。

セット5以降の予定

  • セット5.5は2021年夏
  • セット6は2021年秋

公式の動画ではセット5以降の予定についても軽く触れられています。

タイトルとURLをコピーしました