TFT 10.1 要約とメタになりそうな気になる構成予想

この記事は約8分で読めます。

2020年の一発目のアップデートであるパッチ10.1が近づいてきました(現在のパッチは9.24Bですが、その次が10.1です)。今パッチでは、新シナジーであるルナと新チャンピオンであるレオナ・カルマが目玉となります。新チャンピオンが登場するので、今までみたことのない構成が生まれるのは間違いなく、どんな構成がトップメタとなるのか気になるところです。

さて、個人的な主観も含みますが、今回のバフで注目している構成をいくつか紹介したいと思います。

※この記事はパッチ9.24B時点のものです。

この記事で取り上げる構成

  • パッチ9.24~9.24Bで活躍していなかった構成
  • パッチ10.1のバフの影響を受ける構成
  • 新要素(新シナジーやチャンプ、新アイテムなど)を含む構成

この記事で紹介する構成は、パッチ10.1でいい影響を受け、評価が上がるのではないかと思う構成です。メタとなるかは様子見のものもありますが、ティアリストなどで取り上げられたら追記していきます。

さて、まだパッチ10.1の情報をご覧になっていない方向けに今回のパッチの要約を紹介します。パッチ10.1の情報は別の記事にてまとめています。

パッチ10.1の要約

シナジーの変更

  • ライト:攻撃速度の上昇率UP
  • ドルイド:バフ
  • ルナ:新シナジー
  • シャドウ:バフ
  • オーシャン:ナーフ

チャンピオンの変更

バフ

  • 新チャンピオン:カルマ・レオナ
  • ヴェイン
  • ワーウィック
  • ジャックス
  • マルザハール
  • ニーコ
  • セナ
  • スカーナー
  • シンドラ
  • ヴァルス
  • エイトロックス
  • アジール
  • アニー(★1はナーフ)
  • ツイッチ
  • マスターイー

共通するのは、ライト3体(ヴェイン・ジャックス・エイトロックス)、シャドウ3体(マルザハール・セナ・マスターイー)、レンジャー3体(ヴェイン・ヴァルス・ツイッチ)、サモナー3体(マルザハール・アニー・アジール)ですね。

ナーフ

  • ノクターン
  • キアナ(スペルダメージは★3で上がったが、スタン時間減少のため)
  • シヴィア
  • アムム
  • ナミ

ブレンダー構成(ノクターン・キアナ・シヴィア)へのナーフが大きいです。ラッシュ8構成のアムム・ナミもナーフされました。

アイテムの変更

新アイテムへ変更

  • ソーンメイル → ブランブルベスト
    • クリティカルのボーナスダメ無効化と反射ダメージ(アンチアサシンアイテム)
  • ファントムダンサー → タイタンズリソルブ
    • 被ダメを受ければ受けるほど強くなるアイテム(アンチインフェルノアイテム)
    • PBEで仕様が変わり、アンチインフェルノアイテムではなくなりました
  • リピーティングクロスボウ → ラストウィスパー
    • 防御力を減らすアイテム(アンチウォーデンアイテム)

新アイテムは、全てカウンター系アイテムです。

リメイク

  • アイスボーンガントレット
    • 以前の効果は全て削除
    • スペル詠唱後にスタンを与えるアイテムに
  • アイオニックスパーク
    • ダメージ範囲が無限から一定範囲に
    • 確定ダメージから相手のマナに比例したダメージに
  • フローズンハート
    • 速度減少の重複が削除
    • 複数スタックで範囲が広がるように
    • 速度減少率のバフ

レベルシステム追加

  • スタティックシヴ
  • ソラリのロケット
  • ルーデンエコー

これらのアイテムは、装備するユニットのレベルによってアイテムの効果が変わります。★3ユニットに装備することで最大の効果が得られます。

その他

  • クイックシルバー:バフ
  • モレロノミコン:ナーフ
  • レッドバフ:ナーフ
  • ハッシュ:ナーフ

QSSことクイックシルバーは、妨害無効のクールタイムが無くなりました。つまりはフリーオラフ状態になれるという事です。

ハイパーライトルナ構成

ハイパーライトルナ構成

バフされたライト3体・ライトシナジーと新要素であるルナを組み合わせた構成です。ナサスのアイテムのソーンメイルは、ブランブルベスト想定です。

※ハイパー構成を想定しているのでルシアンはコストを考えて外しています。ジャックスかエイトロックスをルシアンにアップグレードできます。

特徴

  • ライトの高回復力と長期戦に強いルナの組み合わせ
  • メインキャリーは★3ヴェイン
    • ヴェインはセット2ローンチ時よりも強くなっています
    • カルマはヴェインとリンクさせる
  • メインタンクは★3ナサス or ★3レオナ or ★3ジャックス
    • ライトとウォーデンの恩恵のあるナサスがいいのかなと思ってます
  • カウンターのレッドバフとモレロのナーフが追い風に
    • 回復阻害効果はナーフされていないので大きな要素ではない

ナサス&レオナのウォーデン、カーマ&ソラカのミスティックの組み合わせがあり、ライトとルナの構成は相性がいいかと思います。ナサスとレオナがどちらもティア1、ソラカとカルマはどちらもティア3で同じタイミングでそろいやすいチャンピオンです。

同じタイミングで入手できるチャンピオン、ハイパー構成(ハイロール構成)に向いている構成員、シナジーの相性の良さ、またカウンターアイテムのナーフが追い風となっている構成です。

パッチ9.23にてナーフされた回復力が気がかりではありますが、個人的に一番気になっている構成です。

ライト9構成への派生も可能

この構成はライトラックスやへらアイテムのライトオブタリスマン、レベル9などを組み合わせることでライト9へ派生していくことが可能です。現時点ではライト9の攻撃速度上昇率は+55%で、セット2ローンチ時の値よりも+20%も高いです。

しかし、かつてのパッチ9.22でトップメタであったハイパーライト構成が形を変えてメタへ近づくのか気になります。

追記:ローンチ後の感想

現状やはり、パッチ9.23で行われた回復力の大型ナーフが影響してトップメタとまでは行けていないかもしれません。メタの一つには入っています。レオナのタンク性能は結構期待できそうなので、ユニットのレベル次第ではレオナにアイテムを持たせるのもいいかもしれません。

よく使われているのは、ヴェインキャリーよりもルシアンキャリーですね。

ウォーデンレンジャー

ウォーデンレンジャー構成

ヴァルス・ツイッチのバフとラストウィスパーを活かした構成です。こちらは、パッチ9.24Bでも強い構成で、記事の主旨とずれています。しかし、パッチ9.24Bで十分に強かったツイッチとヴァルス (ヴァルスのバフはレベル3のみなので影響はあまりないです) がさらにバフされたので上位に食い込みそうな構成かと思います。

※リピーティングクロスボウの枠はラストウィスパー想定です。ボウアイテムが増えすぎないように調節しています。

特徴

  • 苦手なウォーデンの対策ができるラストウィスパー
  • クリスタルのアッシュにクイックシルバー

レンジャーは、どうしても苦手なウォーデン構成に負けることが多く、さらに別の意味で苦手なブレンダーが暴れていたパッチで本来の力を出せない場面がありました。ウォーデンのカウンターアイテムであるラストウィスパーが登場したことと、ブレンダーのナーフによってレンジャーがトップメタになる可能性は高いと思っています。

また、クリスタル持ちのアッシュにバフされたクイックシルバーを装備することで頑丈かつノンストップなダメージキャリーとなってくれると思います。

敵のヤスオ構成(フローズンハート構成その1)

ルナミスティックウォーデン構成
ルナミスティックウォーデン構成

新要素のルナ、バフされたマスターイー、リメイクされたフローズンハートを活かした構成です。この構成は難易度は高めですが、ミスティックを4から2にすることで下位互換の構成を組むことができます。

※いわゆるロマン構成です。もっと現実的な構成でないとメタは難しいと思います。

特徴

  • ジャンナ&ヤスオ&マスターイーでクラウド&ミスティック
  • メインキャリーはマスターイー
    • ウォーデン4とミスティック4の恩恵を受けれるようにへらアイテム装備(ミスティック2にすることで不要)
    • カルマをリンクさせる(ヤスオでも面白いかも)
  • デバッファーにヤスオ
    • メインキャリーに飛びつくスペルとフローズンハートの相性抜群
  • メインタンクにレオナ
    • ウォーデンとミスティックの恩恵を受けれるから丈夫

フローズンハートのリメイクを活かした構成を考えてみたところこのような構成に行きつきました。フローズンハートは、アサシンのように敵の構成に飛びつくチャンピオンに向いています。ヤスオはアイテムを多くスタックしたチャンピオンにワープして攻撃できるため、より的確に敵のキャリーを妨害することができます。

しかし、ヤスオのマナは0/100(パッチ9.24)なのでフローズンハートを3つ装備しても1回目のスペル詠唱まで多少時間が必要です。

サモナーアサシン(フローズンハート構成その2)

サモナーアサシン構成

リメイクされたフローズンハートと、バフされたアジールを活かした構成です。あと3枠はミスティックなど軽めの構成を組み合わせるのが良いかなと思っています。

※リピーティングクロスボウの枠はラストウィスパー想定です。

特徴

  • アサシンとフローズンハートの相性の良さを活かす
  • 増えるであろうウォーデン対策にデザートとラストウィスパー
  • カジックスとラストウィスパーの相性がいい
    • カジックスの確定クリティカルスペルによってラストウィスパーの効果発動

これはルナの登場によってウォーデン構成が増えることを想定したカウンター構成です。アサシン6は過剰な気がするのでアサシン3で、他の構成(ミスティックなど)を入れる想定です。

この構成は、ゼドとフローズンハートの相性の良さ、カジックスとラストウィスパーの相性の良さを活かしたもので、本来苦手であるウォーデン構成に有利を取れるのではないかと思う構成です。

※動き回るカジックスもフローズンハートとの相性がいいですが、セラフを優先させています。

追記:ローンチ後の感想

現状、ウォーデンがそこまで増えていません。なので、ウォーデンのカウンターメインのこの構成はあまり活躍の場が見られません。ラストウィスパーが活躍できていないというだけなので、使えない構成ではないです。

まとめ

予想で個人的に気になる構成をいくつかまとめてみました。トップメタがどんな構成になるか楽しみです。各所のティアリストがまとまってきたら、これらの構成がどうだったかを追記していきます。

全チャンピオンで最も存在感が薄いエイトロックスはどんどんバフされていきますが、彼がメタの一員となることはあるのでしょうか。地味にこちらも気になります。

パッチ10.1の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました