TFT 10.1 新キャラのレオナ・カルマと新シナジーのルナーについて PBE

この記事は約6分で読めます。

TFTがパッチ9.24にアップデートされてから間もないですが、次のパッチである10.1の情報がでてきたのでまとめます。目玉となるのは、新シナジーのルナーで、それに伴い新キャラのレオナとカルマが登場します。前回の新シナジーはデスしたチャンプが幽霊化し戦い続けるという変則型のものでしたが、今回のルナーは、大器晩成型のシナジーです。

チームファイト タクティクスに月の力をもたらすレオナとカルマがパッチ10.1で登場予定です。2人は「ルナー」チャンピオンとして味方を守り、そして強化し続けます。

jp.leagueoflegends.com

※この記事はパッチ9.24時点のもので、実装時には変更が入ることがあります。

1/7 新しい内容に更新しました。

追記:PBE内にてルナの変更多数

PBE内のルナが強すぎたのか、パッチ10.1本サーバーでは多数調整されてローンチされるようです。これらはPBE内での変更のため、テストサーバーをプレイされていないプレイヤーさんは意識することはありません。一応メモとしてPBEのデータも残しておきます。

  • ルナの変更
    • 全ステータス+80%から60%~40%に下方修正
  • レオナの変更
    • スペルのダメージ軽減率上方修正
  • カルマの変更
    • シールド量下方修正
    • シールドアクティブ時の攻撃速度上方修正

※以下の記事は一部古い内容も含んでいます。

新シナジー:ルナ

シナジー
(編成数)
効果 Patch9.24Patch9.24BPatch10.1
Lunar
(2)
一定時間毎に、全ての味方ユニットのステータスが上昇し続ける間隔:7秒ごと
クリ率:15%
クリダメ:+15%
スペルダメ:+10%
最大スタック:4回

※PBE旧仕様
スペルダメ:+20%
クリダメ:+20%
クリ率:+20%

このシナジーは、時間を稼ぐことで味方全体が強化されるというものです。現在の情報では、クリティカル率・クリティカルダメージ・スペルダメージが全て上昇し、効果は最大4回までスタックします。

つまりは、戦闘開始後28秒後には生存している全てのチャンプのステータスが80%も上昇しているという事です。

新チャンピオン:レオナ・カルマ

チャンプスペル Patch9.24Patch9.24BPatch10.1エレメント
クラス
Leona
★1

マナ
50/100
一定時間、すべての攻撃を一定値軽減する

時間:5秒
軽減;40/90/140

HP:650/1170/2106
AR:40
AD:50/90/162
AS:0.55

※PBE旧仕様
軽減:35/70/105
Lunar

Warden
Karma
★3

マナ
75/100
戦闘開始時に、最も近い味方とリンクする リンクした味方にシールドを付与し、シールドがアクティブの間その味方の攻撃速度が上昇する(リンクした味方がデスした場合は、ランダムな1体)


シールド:250/400/800
時間:5秒
速度:60/70/80%

HP:600/1080/1944
AR:20
AD:50/90/162
AS:0.7

※PBE旧仕様
速度:+50/75/100%
シールド:200/350/500
Lunar

Mystic

レオナ

レオナのスキルは、セット1の旧シナジーであるナイトの効果と同じです。一定時間、すべてのダメージを一定値カットしてくれるため、特にサモナーの召喚など攻撃力の低い相手や、インフェルノなどの持続ダメージ、ナサスやムンドなどの持続ダメージを与えるスキル持ち相手には、めっぽう強いかと思います。それらの持続ダメージなどの1発の威力が低いダメージは、レオナのスペル発動中は0になることもあるかと思います。

もちろんナイトとは違い、スペル発動中の5秒間だけですけどね。

カルマ

カルマは、シンプルにダメージキャリーの補佐です。配置は、必ずダメージキャリーの一番近くに置くと強く、その他のチャンプと間違ってリンクしてしまわないようにする必要があるかと思います。

スペルは、そのリンクしたチャンプにシールドを付与するもので、シールドがアクティブな間はリンクした味方の攻撃速度も上昇します。スペル自体は、スカーナーと似ていて、対象が自分ではなく味方という点が違います。もし、リンクした味方がデスした場合は、スペルの対象がランダムな味方へと変わるようですね。

ルナーの使い方

実装前で、変更される可能性もあるのですが、ルナーの使い方です。

時間を稼ぐこと

ルナー構成で勝つためには、時間を稼ぐことが最も重要かと思います。戦闘開始から28秒後には残りのすべての味方のステータスが+80%まで上昇するため、例えダメージの低いタンク系のチャンプでも生きているだけで十分な火力が発揮できます。

28秒について

ルナーの最大効果が発動するのが戦闘開始から28秒後ですが、これはかなり長いです。ロスタイムに入るのが30秒後なので、どれぐらいか想像はつくかと思います。通常プレイなら、1ラウンドは代替20秒くらいで終わるので、ルナーが安定して発動できるのは2回くらいでしょうか。

ミスティックとウォーデンが十分揃ってきたくらいから、3回目の発動である21秒後くらいまで相手の攻撃を耐えられるようになるようなイメージです(ルナーのおかげでタンク陣もダメージが結構でるので、逆に倒してしまうことも多いですね)。

アイテムは全てタンク系という選択も

時間を稼ぐことが重要なため、アイテムは全てタンク系という選択も可能です。タンクアイテムメタで紹介したアイテムが筆頭になります。カルマのシールドなどスペルによる妨害を活かすためにマナ系のアイテムも有効ですね。タンク系アイテムは、回転寿司などで余る傾向があるため、集めやすいかと思います。

防御系シナジーを組み合わせる

  • ウォーデン
  • ミスティック
  • クラウド
  • マウンテン

ルナーは、防御系シナジーと組み合わせることがもっともシンプルかと思います。レオナがウォーデン、カルマがミスティックを持っているため、運営の設計通りですね。

今の考えでは、キャリーとなってくれるマスターイーやナミがいるミスティックに寄せた方が強いと思っています。

ルナーミスティックウォーデン

  • カルマ
  • ソラカ
  • ジャンナ
  • マスターイー
  • レオナ
  • ブラウム
  • スレッシュ
  • ノーチラス

こちらの構成でミスティック4とウォーデン4、ルナーが発動します。ミスティック4にしていますが、相手の構成次第ではウォーデン6にしたり、ヤスオを入れてクラウドを発動させるのもいいかと思います。

もちろん、低ティアのチャンプをティア5のナミ・アムム・タリックへと置き換えていくことでトップ1も狙える構成に化けていくかと思います。ティア5が4体となるので、超ハイコストな構成になってしまいますけどね。

まとめ

未実装のため予想の部分も多いのですが、ルナー構成について考えてみました。実装され次第、構成について掘り下げてみます。全体の内容は以下の記事にまとめています。

パッチ10.1アプデ情報

関連記事

タイトルとURLをコピーしました