[TFT 9.20]カイサの使い方 構成とアイテム - TFT labo. | 攻略 LOL

メタ/構成

[TFT 9.20]カイサの使い方 構成とアイテム

投稿日:2019-10-12 更新日:

パッチ9.20で大幅に強化されたカイサですが、彼女の特徴的なシナジーのせいか使い道が難しいと感じます。カイサはヴォイド・レンジャー・アサシンという3つのシナジーのどれで、どの組み合わせで活用したらいいのか分からない方もおられるかもしれません。

今回の記事ではカイサの使い方をメインに、構成やアイテムについて考えていきたいと思います。

※この記事はパッチ9.20時点のものです。

カイサのステータス

  • HP – 700/1260/2520
  • 攻撃力 – 55/99/198
  • 攻撃速度 – 1.25
  • 防御力 – 20

Kai’Sa dashes to the farthest enemy unit, gaining a damage shield and Attack Speed for 3 seconds.

Attack Speed : 50% / 75% / 100%
Shield Amount : 400 / 700 / 1000

lolchess.gg

カイサのステータスは特徴的で、攻撃速度は全チャンプの中でトップで2位のヤスオを大きく上回っています。しかしながら、攻撃力はティア5チャンプの中で断トツで低いです。

スキルは攻撃速度とシールドを付与するというもので、ダメージスキルを持っている一般的なチャンプとは大きく異なります。

カイサを使っても勝てず、使いにくいなと思われる方も多くおられるかと思いますが、特徴を押さえておくと多少はましになるかと思います。

カイサ構成に必要なもの

第一キャリー

まず初めに、カイサはティア5チャンプのため他の第一キャリーが必要になります。そのためカイサが引けないとダメな構成は非現実的です。まさにインペリアル構成のスウェインみたいなものですね。ドレイブンのような第一キャリーがいてこそカイサを待つことができます。

ジャイアントスレイヤー

カイサの攻撃力の低さを補うのがアイテムのジャイアントスレイヤーです。攻撃が対象のHPに比例した確定ダメージになるため攻撃力が低いカイサにはぴったりのアイテムです。さらにはトップレベルの攻撃速度が活きますね。

Giant Slayer
  • 材料:B. F. ソード + リカーブボウ
  • 効果:通常攻撃が対象の最大体力の5%に相当する確定ダメージを与える。

もしこのアイテムを装備させられなければカイサに火力を期待するのは難しくなります(ダメージの期待度が1段階下がるというイメージ)。最低限ヴォイド4が揃っていれば確定でダメージは通りますが、なければガーディアンやナイト構成相手に苦戦するかと思います。

カイサの高ティア構成とアイテム

まずはTFTお役立ちツールを提供している3つのサイトの高ティア構成を紹介したいと思います。

Blitzのカイサ構成(ヴォイドブローラーアサシン)

  • カジックス(キャリー)
  • ブリッツ
  • レクサイ
  • ヴァイ
  • チョガス(キャリー)
  • アカリ
  • ジンクス
  • カイサ(キャリー)

まずはBlitzの構成です。この構成は最高クラスの構成の1つ(トップ1評価)として紹介されています。

序盤からヴォイドアサシン3かヴォイドブローラーの構成を作りつつ、中盤にブローラーを増やしていき、カイサが手に入れられたらヴォイド4を完成させるのかと思います。第一キャリーがカジックス、第二キャリーがチョガス、第三キャリーがカイサとなっています。

Blitzのカイサのアイテム

  • スタティック・シヴ
  • ラピットファイヤキャノン

上の構成で紹介されていたカイサ用のアイテムはスタティック・シヴとラピットファイヤキャノンです。個人的にはスタティック・シヴは後半で失速するためオススメはできませんが、ボウ系のアイテムなので悪い選択ではないかと思います。ラピットファイヤキャノンを装備することでカイサがジャンプ(アサシンが試合開始時に飛ぶやつ)をしなくなることが多いので注意が必要です。

遠距離攻撃のアサシンは攻撃範囲に敵がいるとジャンプしません。ラピットファイヤキャノンを装備すると攻撃範囲が倍になるのでたとえバックラインに配置しても攻撃範囲に敵が配置されていることがほとんどになります。

Tftacticsのカイサ構成(ヴォイドブローラーアサシン)

  • カジックス
  • ブリッツ
  • レクサイ
  • ヴァイ
  • アカリ(キャリー)
  • チョガス(キャリー)
  • ジンクス
  • カイサ(キャリー)

次にTftacticsの構成です。構成自体はBlitzと変わりません。上から2番目の高ティア構成(A評価)として紹介されています。こちらは第二キャリーとしてアカリにアイテムをスタックさせていますね。

Tftacticsのカイサ アイテム

  • ジャイアントスレイヤー
  • グインソーレイジブレード

ジャイアントスレイヤーとグインソーレイジブレードがカイサ用のアイテムとして紹介されています。個人的にもこの2つのアイテムはかなり有効なカイサアイテムだと思います。

キャリーがどれも高ティアなので、序盤にアイテムを持たせるためにチャンプを確保する必要がありますね。

Lolchess.ggのカイサ構成(ボイドブローラーアサシン)

  • カサディン
  • カジックス
  • ブリッツ
  • ヴァイ
  • ボリビア(キャリー)
  • アカリ
  • チョガス(キャリー)
  • カイサ(キャリー)

Lolchess.ggの構成です。こちらは他の2つと異なり、ヴォイド4のためにレクサイではなくカサディン、同じくレクサイの代わりにボリビアが構成に入ります。上から2番目の評価(A評価)として紹介されています。

ボリビアにはラピットファイヤキャノンとハンドオブジャスティスを装備させています。強いかは分からないですが、個人的に面白い装備だなと思います。

Lolchess.gg のカイサアイテム

  • グインソーレイジブレード
  • ジャイアントスレイヤー
  • カースブレード

Lolchess.ggではカイサには上記の3つのアイテムを装備させています。ダメージ兼妨害役として活躍できそうですね。

カイサはシールドと移動により生存能力がかなり高いです。デバフアイテムの中で唯一ラウンド中効果がずっと持続するカースブレードはかなりオススメだと思います。特に一番遠い敵までワープして攻撃できるため、敵のキャリーにカースブレードによるレベルダウンのデバフを付与できる確率は高いです。

カイサはヴォイドブローラーアサシンで使う

紹介した3つのサイトは異なる意見の場合も多いのですが、カイサ構成に関してはおおむねほぼ一致していました。アサシンの場合、第一キャリーの確保もしやすいですし、カイサが引けなかったからと言ってダメになる構成ではないです。

アイテムの状況や、カードの引き次第ではブローラー6&ジンクスという構成にも変化していけるため柔軟性の高い構成でもあるかと思います。

ノーブルとカイサの相性

+50 Armor & MR and heal 30 health on-hit

lolchess.gg

カイサはノーブルとの相性がいいことも一部のユーザーには知られています。特に「攻撃ごとにHPを30回復する」効果は攻撃速度が高いカイサに向いています。つまりは高速で回復できるということです。ファントムのHP100にするという効果をカイサが食らっても生存能力と回復能力でラウンドの中盤ぐらいには全回復していることもあります。

ノーブル構成の場合は第一キャリーを見つけにくいのが難点ですが、カイサレベル2が出来上がればカイサだけでも十分にキャリーができるほどになります。

疑似ノーブルのハンドオブジャスティス

Hand of Justice
  • 材料:スパーリンググローブ + 女神の涙
  • 効果:ラウンド開始時に与ダメージ+40%または通常攻撃命中時に体力40回復のいずれかの効果を得る。

確率ではありますが、アイテムのハンドオブジャスティスで疑似ノーブル状態を作ることができます。パッチ9.20では攻撃ごとにHP40回復することができます。もう一方の効果である与ダメージ40%ももちろん強いため、ハンドオブジャスティスはカイサのオススメアイテムの一つです。

その他のカイサ構成

  • ナイト4レンジャー4
  • ナイト6レンジャー2(10体編成でレンジャー4)
  • ナイト2グレイシャル4レンジャー4
  • ワイルド4ヴォイド4アサシン3

低いティア構成で紹介されていた構成の一例です。現在のパッチだと不遇なレンジャー構成が多くありました。

カイサ&レンジャーが弱い理由

カイサをレンジャー構成で使うのがなぜ弱いかと気になる方もおられるかと思います。ご存知の方も多いかと思いますが、過去のパッチのレンジャーのナーフが影響しています。

特にグレイシャルとアッシュが大幅に弱体化された時の影響は大きく、それがカイサとレンジャー構成にも大きく関わっています。アッシュが弱いため、レンジャー構成で第一キャリーを確保することが難しく、序盤と中盤で勝つことが難しくなります。負けの連続で経済は崩壊し、カイサが安定して引けるレベルまで到達すること自体が難しいです。

レンジャーのバフ次第でカイサレンジャーが有効に

今パッチではカイサ&レンジャーはかなり弱いですが、今後のアプデでレンジャーのバフがあれば状況は変わります。カイサの最高クラスの攻撃速度がさらに上げられるレンジャーバフ自体はとても「カイサ向き」と言えます。カイサのオススメアイテムであるジャイアントスレイヤーとグインソーレイジブレードの効果は攻撃速度に依存します。つまりは攻撃速度が上がるレンジャーバフはアイテムの効果も最大限に生かすことができるのです。

特に攻撃速度が最大の5に達した時のカイサは化け物で、シールドと回避スキルによって無敵と化します。妨害スキルが無ければ倒すことはかなり難しいです。その最大攻撃速度に一番近いのは間違いなくレンジャーです。今パッチでは難しいですが、いつかはと期待してしまいます。

その他のカイサアイテム

  • ルナハリケーン(ジャイアントスレイヤーなどの効果倍)
  • ユーミ/ダーキン/ショウジン(スキル回転率UP)
  • クイックシルバー(苦手なデバフ解除)
  • ハンドオブジャスティス(高速で回復できる or 40%のダメージUP)

その他のカイサにお勧めのアイテムの一例です。ルナハリケーンは通常攻撃にデバフや追加攻撃が乗るカースブレードとジャイアントスレイヤーとのセットで使うのがおすすめです。

ダメージアイテムが揃ってからの選択になりますが、 ユーミ/ダーキン/ショウジン などのマナ系アイテムもおすすめです。マナ系アイテムだけだと全くダメージが出ないので優先度は低めです。

まとめ

パッチ9.20ではカイサ構成といえばヴォイドブローラーアサシンで間違いないかと思います。アイテムは、ジャイアントスレイヤーとグインソーレイジブレードがベストでカースブレードなどの妨害アイテムも向いていますね。

ノーブルカイサも難易度は高めですが、チャンスがあればぜひ試してみてください。

-メタ/構成
-, , , ,

関連記事

Jayce

[TFT 9.19 PBE]メタ – ジェイスキャリーのハイロールワイルドシフター

TFTのPBEについての情報を共有したいと思います。ずばり次のパッチで暴れそうなのはジェイスキャリーのハイロールワイルドシフターです。PBEをプレイするのには名誉レベルが3以上必要らしくてTFT専の私 …

lissandra

[TFT 9.18]リサンンドラを見直そう – エレメンタリスト アイテム 構成

長年ずっと雑魚キャラとして扱われたリサンドラが最近きてます。幾度となくバフされてきてやっと日の目を浴びたという感じです。おそらくプレイヤー全体の意識も変わっているのか彼女にアイテムをスタックさせている …

chogath

TFT9.15のメタはナイトかヴォイド[ヴォイド編]

今週のパッチでは防御系の特性とクラスが強化(バフ)されています。ナイト、ガーディアン、ノーブルがより屈強な前線を張れるようになったり、ボーナス効果がチーム全体に付与されるようになったりしましたが…ヴォ …

Zed

TFT 9.22 PBE – 新ゼドの使い方とおすすめシナジー – セット2メタ

超大型アプデでシナジー、チャンプなどが一新されます。現在テストサーバー(PBE)ではバグが多数あるもののそのセット2のテストプレイが可能となっています。 その中でバグ的な強さを発揮しているのがティア2 …

ashe

TFT 9.22 PBE – セット2テストサーバーのメタを予習しよう

現在、パッチ9.21のテストサーバーにて次回の超大型アプデであるセット2のテストプレイが行われています。今回の記事はシンプルにテストサーバーのメタで、どんな構成が流行っているのか・強いのかということで …