TFT 9.22 セット2 – メイジの基本的な使い方(旧ソーサラー)

スポンサーリンク
この記事は約8分で読めます。

スキル攻撃系の代表ともいえるメイジシナジーについての記事です。セット1ではソーサラーというシナジーがありましたが廃止され、セット2にて新たにメイジというシナジーができました。

現在はトップメタと言うには難しいシナジーではありますが、十分1位を狙える構成であることは間違いありません。メタの変動次第ではトップメタになる可能性は十分秘めています。

※この記事はパッチ9.21時点のものです。 メインで紹介するのはメイジ6体編成で、複雑なメイジ3体構成については深く説明はしません。

スポンサーリンク

基本情報

メイジチャンプ

チャンプスキルマナエレメントクラス
Taliyah1最もマナの多い敵の地面を持ち上げ、150/350/550のマジックダメージと移動させる。遠距離攻撃チャンプの場合は自身に近づけ、近距離攻撃チャンプは遠ざける。50/85MountainMage
Vladimir1対象の敵に200/350/500ダメージを与え、与ダメージ分回復する。0/75OceanMage
LeBlanc2ランダムな敵にチェーンを投げつけた後1.5秒のスタンと200/450/700ダメージを与える。50/80WoodlandAssassin
Mage
Syndra2ターゲットの場所にハイドロスフィアを呼び出し、175/350/525ダメージを与える。0/80OceanMage
Veigar3魔法のエネルギーで敵をに300/600/900のダメージを与える。自身のレベルより低い敵は即時キルする。0/75ShadowMage
Brand4最大4/6/20回バウンドする火の玉を発射し、敵に250/450/650ダメージを与える。50/150InfernoMage

表は2019/11/05時点のものです。

メイジと関連シナジー

シナジー編成数効果(意訳あり)
Mage3/6詠唱時、メイジは50%/100%の確率で2回詠唱する
Mountain2戦闘開始時にランダムな味方は1500のストーンシールドを得る
Ocean2/4/6全ての味方は4秒ごとに15/30/50マナ得る
Shadow2/4シャドウチャンプは戦闘開始時に5秒間50%/100%のダメージ上昇し、キルとアシストで効果が再度発動する(対象は自身/すべてのシャドウ)。
Woodland3ラウンドの開始時にランダムなウッドランドは分身します

表は2019/11/05時点のものです。

メイジチャンプには以上のシナジーを合わせ持つチャンプがいます。ルブランはアサシンシナジーを持ちますが、メイジと相性が良くないため今回の記事では省略します。

ダブルスペル

メイジはスペル1回分のマナがたまると確率で2回詠唱します。シンプルにスペルダメージが2倍になるようなもので、レベル2ベイガーであれば600×2で一発のスペルで1200ダメージという大ダメージを与えられるということです。

スポンサーリンク

メインキャリーはベイガーかブランド

  • ブランド
  • ベイガー – レベル3で魔王になる
  • (レベル3のメイジ)
  • (メイジキャップ装備者)

メイジ構成のキャリーはブランドが定番です。彼のスペルは近くの敵にバウンドし複数回当たることもあるため1回のスペルで敵を2~3体倒してしまうという状況も生まれやすいチャンプです。

次点でベイガーですが、ベイガーはレベル3になるとブランドを超える脅威があります(レベル3以外のチャンプを確殺することができる)。

ベイガーの強み

Dogdog氏のクリップです。ベイガーを使っているのは相手方ですが、彼の声からベイガーがいかに強力なチャンプであることが分かるかと思います。安定性はもちろんブランドに負けますが、防御系のアイテムやシナジーで固めた相手でさえ一発で倒せるという点は全チャンプの中で飛びぬけた能力です(レベル3でない限り…)。

メイジキャップ装備者

アイテム・メイジキャップを装備することで、メイジ以外のチャンプをメイジにすることができます。一部のチャンプはバグ的な強さを発揮してくれます。

  • ゼド(アイテムを引き継ぐ分身を1体→2体作る)
  • ラックス(高火力のレーザー攻撃でキルでマナ回復)
  • ナミ(津波を起こし広範囲にスタン)
  • マルファイト(ランダムな敵に突進し近くの敵にスタン)

高ティアで優秀なスキルを持っているチャンプに装備させると化けます。ゼドに関しては1回のスキルで同じアイテムを持った分身が2体生まれ、さらには分身が分身を生むのでテストサーバーで初めの頃は数々のゲームをぶっ壊すレベルでした(増えにくく対策されています)。

スポンサーリンク

メイジのアイテム

  • セラフエンプレイス(スペル使用後マナ回復)
  • ショウジン(スペル使用後マナ回復速度UP)
  • ラバドンデスキャップ(スペルダメージUP)
  • ジュエルガントレット(スペルにクリティカル)
  • モレロノミコン(スペルに炎上ダメージ追加)

メイジにおすすめのアイテムの一例です。スペルを早く、より多く発動することができるティア系のアイテムと、スペルダメージを上げられるロッド系のアイテムが定番です。

キャリーレベルのチャンプだと1回のダブルスペルで1000ダメージを超えるので、マナ回復速度が上がるティア系のアイテムの方を優先すべきかと思います。

TFTのツールを提供しておられるBlitzのおすすめアイテムだと、ブランドはデスキャップ&セラフ2本、ベイガーはセラフ&ショウジン2本となっています。

スポンサーリンク

相性のいいシナジー

  • オーシャン(マナ回復UP)
  • シャドウ(バトル開始時に一定時間ダメージUP、キルで再度発動)
  • マウンテン(ランダムな味方1体にシールド)

メイジ6体との組み合わせでお勧めのシナジーは以上です。それぞれオーシャンのブラッドミア・シンドラ、マウンテンのタリア、シャドウのベイガーがいるため考えやすいかと思います。

インフェルノやハイロールウッドランドも悪くはないのですが、少し物足りないかなと感じます。メイジ以外のチャンプに求められるのはタンク性能とスタンスキルなどの妨害能力、もしくは更なる火力で、この点がインフェルノとウッドランドには足りないかなという感じです。

オーシャンメイジ

  • メイジ6体
  • スレッシュ
  • ノーチラス
  • (オーシャンラックス)

レベル8でオーシャン4、レベル9とラックスでオーシャン6が作れます。スレッシュとノーチラスでウォーデンがついでに発動します。

アイテムの部分でも述べた通りマナの回復力がメイジのダメージ源なのでオーシャンはとても相性がいいです。ノーチラスのタンク性能とスタンスキル、スレッシュのシールドは上手く働いてくれます。

しかしながら低ティア構成になるのは否めません。妨害スキルも少なめです。ハイロールでレベル3のチャンプをいくつか作らないと1位を取るのは難しいかもしれません。

シャドウメイジ

  • メイジ6体
  • サイオン
  • マスターイー
  • シャドウラックス(or マルザハール)

レベル7でシャドウ2、レベル9かレベル8(シャドウラックス有)でシャドウ4が作れます。

サイオン(妨害スキルも有)とマスターイーのタンク性能が強いのに加えて、シャドウの圧倒的な火力が魅力的です。サイオンやラックスにメイジキャップを装備させることで破壊力は増します。

マウンテンメイジ+α

  • メイジ6体
  • マルファイト

レベル7でマウンテン2が作れます。

マルファイトはタンク性能に加えて全チャンプで最高クラスの妨害スキルを持っています。加えてレベル7で完成するため状況に合わせてクラウドやミスティックなど組み合わせることができます。

メイジキャップはやっぱ欲しい

メイジは低ティアが多く、タンク性能も低いため6体構成は難しい場面も多くあります。はじめのうちは難しいですが、メイジキャップを上手く組み合わせることで勝率は上がるかと思います。はじめのうちは上の構成をベースにメイジ3にしてあとは高ティアのチャンプを詰め込むという形でも十分勝てるチャンスはあります。

BlitzのティアA構成(PBE)

メイジサモナー

BlitzのテストサーバーでのティアA構成にはサモナーにメイジを組み合わせたり、インフェルノにメイジを組み合わせるという構成があります。今のところメイジはサブとして使うのが主流ということですね。

メイジメタの時代はきっとくる

メイジが弱いからといって使わない、というのはこのゲームにおいてナンセンスです。チャンプカードはプレイヤー8人が同じ山札から引くため、競合しない場合はメイジチャンプが取りやすくなります。ぜひ状況を見てメイジでの1位を狙ってみてください。

加えてメタはアプデによって大きく変動します。テストサーバー初期はメイジの活躍は少なかったですが、後期になってアンチメイジアイテムのナーフやメイジのバフによって活躍の場は大きく増えました。

スポンサーリンク

メイジの攻略と対策

アイテム – ドラゴンクロウ

メイジの対策と言えばアイテムのドラゴンクロウです。このアイテムはマジックダメージを大きく軽減するためこのアイテムで固められた構成相手に勝つことは難しいかと思います。

シナジー – ミスティック

味方全体の魔法防御力を上げられるミスティックシナジーもメイジ対策の一つです。2体からミスティックは発動するため、構成を崩さずに編成することも可能な優秀なシナジーです。

特にメイジと一騎打ちになりそうな場合や、メイジプレイヤーが多い場合は早めにミスティックの編成を考えたいですね。

シナジー – ポイズン

メイジの重要なダメージ源となるマナ回復を妨害するポイズンはアンチメイジ構成の中で最も凶悪です。ポイズンの攻撃が当たり、毒状態になったメイジのダメージは大きく落ちます。自分がメイジを使っている場合は、配置を考え直しポイズンの攻撃が当たりにくくなるように工夫しないといけません。

ミスティックと違い、ポイズンは3体編成に加えてチャンプの組み合わせ的に途中から無理矢理編成するのは難しいです。

タイトルとURLをコピーしました