TFT 10.1 未実装のおすすめルナ構成を考えてみる PBE

この記事は約5分で読めます。

パッチ9.24Bの次のパッチである、TFT10.1にて新シナジーのルナが登場します。ルナは大器晩成型のシナジーで、時間を稼ぐことで味方全体を強化してくれるものです。これは今までのTFTにはなかった戦い方で、新たな戦い方やメタが生まれるのは間違いないかと思います。

ルナの登場に伴い、新チャンピオンのレオナとカルマも登場します。二人はルナとウォーデン、ルナとミスティックをもつチャンピオンで、運営の設計通り守りを固めろ…ということでしょうか。

今回の記事では、ルナ未実装ながらルナ構成を考えてみます。今から考えるのはあくまでルナを主体としたもので、ルナをサブとして使うものはあまり考えていません。

※この記事はパッチ9.24時点のものです。

基本情報

関連シナジー

シナジー
(編成数)
効果 Patch9.24Patch9.24BPatch10.1 PBE
Lunar
(2)
一定時間毎に、全ての味方ユニットのステータスが上昇し続ける間隔:7秒ごと
クリ率:+20%
クリダメ:+20%
スペルダメ:+20%
最大スタック:4回
Mystic
(2/4)
全ての味方が魔法防御を得る
魔法防御:40/120
Warden
(2/4/6)
ウォーデンは自身の防御力に比例して物理防御力が増加する
物理防御:150/300/450%

関連チャンピオン

チャンプスペル Patch9.24Patch9.24BPatch10.1 PBEエレメント
クラス
Leona
★1

マナ
一定時間、すべての攻撃を一定値軽減する

時間:5秒
軽減:35/70/105
Lunar

Warden
Karma
★3

マナ
戦闘開始時に、最も近い味方とリンクする リンクした味方にシールドを付与し、シールドがアクティブの間その味方の攻撃速度が上昇する(リンクした味方がデスした場合は、ランダムな1体)

シールド:200/350/500
速度:+50/75/100%
Lunar

Mystic

ルナ構成の作り方

言わずもがななこともあるかと思いますが、ルナ構成の設計についてまとめます。

ウォーデン・ミスティックを組み合わせる

これはどの構成にも言えることですが、 ルナはエレメント(旧オリジン)のため、構成員のクラスから派生させて構成を組むのが無難です。レオナはウォーデンクラス・カルマはミスティッククラスを持っているため、この両方かもしくはどちらかに派生させていく方法がベタです。

時間を稼ぐ

ルナ構成は、戦闘開始から7秒ごとにルナボーナスが1スタックがたまり、ステータスが上昇します。つまり、7秒後・14秒後・21秒後・28秒後でチームの強さが段階的に上昇します。この恩恵は、生存しているすべてのユニットに適応されるため、例えタンク系のチャンピオンであってもダメージが期待できる状態になります。

ルナ構成をシンプルに考えるなら、戦闘開始からルナボーナス3スタックである21秒後の状況を加味してアイテムや構成を考えた方がいいかと思います。安定してたどり着けるのは2~3スタックくらいかと予想しています。

ルナ構成一覧

ルナミスティックウォーデン(マスターイキャリー)

  • レオナ(ブランブルベスト・ドラゴンクロウ・ワーモグアーマー)
  • カルマ
  • スレッシュ
  • ノーチラス
  • マルファイト
  • ソラカ
  • ジャンナ
  • マスターイー(レイジブレード・クイックシルバー・ショウジン)

※ミスティック4・ウォーデン4・ルナ2・オーシャン2

今のところ最も定番ではないかと思うのがこの構成です。なぜかというと、ミスティックとウォーデンの全チャンピオンの中で最もダメージの期待ができるマスターイーがいるからです。

ソラカかジャンナをナミ、スレッシュをアムムやタリックにグレードアップしていくとより強くなります。

レオナのアイテムはがちがちのタンク系で、クリティカルのボーナスダメージを無効化+反射するブランブルベストは新アイテムの一つです。マスターイーは、スペルで回復と回避があるため、クイックシルバー(妨害無効のクールタイムが無くなる予定)を装備させています。パッチ10.1のアイテムの仕様変更については別記事にまとめています。

ルナミスティックウォーデン(ナミキャリー)

  • レオナ
  • カルマ
  • ノーチラス
  • マルファイト
  • ソラカ
  • ジャンナ
  • ナミ(モレロ・ショウジン・ブランブルベスト)
  • アムム(フローズンハート×3)

先ほどとシナジーは同じですが、こちらはナミをキャリーにしています。序盤に作ったキャリーを解体して、アイテムを引き継ぐ感じですね。

この構成にすると、レオナとカルマ以外は全員妨害スペル持ちになります。先ほどは耐えて時間を稼ぐという形でしたが、この形だと妨害で時間を稼ぐという形です。フローズンハートは、スタックすることで範囲が広がる(パッチ10.1~)ため、妨害効果はさらに高まっています。

ハイパールナ構成

  • レオナ
  • カルマ
  • ナサス
  • オーン
  • ブラウム
  • ボリビア(エレクトリック要因)
  • ソラカ or ジャンナ
  • (+ゼド)

※ルナ2・ウォーデン4・ミスティック2・エレクトリック2~3

ウォーデンはティアが全体的に低いため、ハイパー系の構成にしやすいです。そこで考えたのがこちらのハイパールナ構成です。ソラカ以外は全てティア2以下のため、レベル7止めで全チャンプのレベル3を狙いに行く…なんてこともありです。まさに生まれ変わったエッグロール構成ですね。

この場合は、ミスティックとウォーデン、エレクトリックの恩恵を受けられるオーンがキャリーにしやすいかと思います。カーマもオーンとリンクさせておくことでタンク性能はさらに上がります。あとは先にレベル3になったチャンプにアイテムをスタックさせておけばいいかと思います。

十分にレベル3が出来上がったところでレベル8に上げ、ゼド(もしくはエレクトリックラックス)を入れて完成です。このタイミングで、レベル3に出来なかったチャンピオンは、アムムやタリック、マルファイトあたりにアップグレードしていきましょう。

ライトルナ構成

  • レオナ
  • カルマ
  • ナサス
  • ジャックス
  • ソラカ
  • エイトロックス
  • ルシアン
  • ヨリック
  • (+セナ)

※ルナ2・ライト6・ミスティック2・ウォーデン2

ライトは、ソラカとナサスがいるため、ルナと相性がいいかと思います。ライトは、パッチ9.24では弱いため、若干バフを期待しての構成になっています(バフされなかったら弱いかもしれません)。

ライトは、耐久系のシナジーのため、組み合わせやすいだけでなく、シナジーそのものの相性がいいのも間違いないです。レベル9・ライトのへらアイテム・ライトラックスがいればソウルバウンドも組み合わせることができます。

まとめ

未実装ながら、ルナ構成をいくつか考えてみました。どれがメタになるのかは分かりませんが、パッチ10.1になってから新たにまとめなおす予定です。

タイトルとURLをコピーしました