TFT 10.6 おすすめのリヴェル構成(流れ者)について – モバイル

この記事は約9分で読めます。

TFTがセット3がローンチされて少し時間がたちました。今までTFTをプレイされてきた方はがらっと環境が変わりますね。モバイルやセット3からプレイされた方は、まだ分からない部分が多いのかなと思います。

今回紹介するのは、リヴェル構成についてです。これは日本サーバーでは”流れ者”という名前になっています。TFTセット3はテストサーバーにて数週間ほどテストプレイが行われていたのですが、リヴェルは正式ローンチ時に少し強化されました。個人的には十分強い構成だと思っていたので、このバフによってパッチ10.6でもトップメタの一つに入るかなとも思います。何より好きな構成です。

セット3の詳細は別記事にてまとめています。こちらでは深くは触れません。

※この記事はパッチ10.6時点のものです。

基本情報

関連ユニット

ユニットオリジン
クラス
説明10.6
Malphite
★1
Rebel

Brawler
パッシブ
戦闘開始時に、自身の最大HPに比例したシールドを獲得する。
シールド
45%/50%/55%
Ziggs
★1
Rebel

Demolitionist
敵に爆弾を投げ、マジックダメージを与えるダメージ
250/325/550
Sona
★2
Rebel

Mystic
*体のダメージを受けた味方を回復し、その味方が受けた全ての妨害効果を浄化するヒール
100/150/200

数 ターゲット
2/3/4
Yasuo
★2
Rebel

Blademaster
最も多くのアイテムを持った敵にワープし、ノックアップし、*回の通常攻撃で切りつける数 通常攻撃
4/5/6

ノックアップ
1秒
Master Yi
★3
Rebel

Blademaster
数秒間、速度が上がり、最大HPに比例して毎秒回復し、通常攻撃に防御力を無視する追加ダメージが適応されるTrue ダメージ
75/100/200

秒間 ヒール
8%/10%/20%
Jinx
★4
Rebel

Blaster
パッシブ
最初のキルもしくはアシストで攻撃速度が上昇する。2回目のキルもしくはアシストでロケットランチャーで攻撃する
攻撃 速度
60%/75%/100%
Aurelion Sol
★5
Rebel

Starship
ランダムな敵に飛んでいくを戦闘機を発射し、マジックダメージを与え、戻ってくる。次の詠唱は、戻ってきた?戦闘機と追加*機を加えたものを発射する。戦闘機は近くの敵を狙いやすい。ダメージ
120/175/750

追加
3機

関連シナジー

シナジー
編成数
説明Pre210.6
Rebel
3/6
戦闘開始時に、Rebelは一定時間シールドとそれぞれ隣接したRebelにダメージ増加バフを得るシールド
125/200

ダメージ
10/12%

共通
時間 8秒
シールド
150/225

ダメージ
10/12%

共通
時間 8秒

正式実装時に、シールド量が少し強化されました。

概要

  • ハイパーリヴェル構成
  • ファスト8リヴェル構成

リヴェル構成には大きく分けて二通りの構成があります。ティア5のオレリオンソルをメインにするのか、ティア2・3のヤスオとマスターイーをメインにするのかという感じです。

どちらが強いというのは微妙ですが、ティア5の★2をたくさん作れた場合は後者の方が強力かもしれません。しかし、多くのプレイヤーと欲しいユニットが競合するので早めにレベル7~8に上がる必要があります。

コンセプト(ハイパー構成の場合)

  • 耐えながら戦うハイブリット型
  • メインキャリーはヤスオ・マスターイー
  • ヤスオが敵の主力から暗殺する

リヴェル構成は、シールドとダメージの両方を得ることのできる攻守ともに長けたハイブリット構成です。シールドの効果で敵の攻撃を耐えながら、敵を攻撃していきます。セット2のヤスオ構成に似ていますね。

ハイパー構成

ハイパー構成というのは、コストの低いローコストのユニットをメインで使う構成のことです。TFTは同じユニットを3体集めるとレベル2(★2)に、9体集めるとレベル3(★3)になります。序盤に引きやすいローコストのユニットは、安く買える一方で性能は低めに設定されています。

ユニットのコストについて

  • ローコストユニット
    • ティア2
    • ティア3
  • ハイコストユニット
    • ティア4
    • ティア5

※ティアの後の数字=買うのに必要なゴールドです。

パッチ10.6のローコストユニットの強さについて

  • ローコスト★2 < ハイコスト★2
  • ローコスト★3 > ハイコスト★2(一部ユニットのみ)

これはセット3全てのパッチで共通するとは限らないのですが、パッチ10.6に限ればローコストユニットの強さは、レベルによってハイコストユニットの強さと同等かそれ以上の強さを持つ者がいます。リヴェル構成でいうとヤスオ・マスターイーが可能性を秘めています。

パッチ10.6でいうと、トレイターのシャコはローコストで強いユニット一つです。

ハイパーリヴェル構成の一例

ハイパーリヴェル構成

リヴェル配置について

リヴェルは隣接したリヴェルが多い方が多くのシールドとダメージバフを得ることができます。そのため、一番のダメージキャリーであるユニットを中央に置いて周りをリヴェルユニットで囲みます。こうすることでマスターイーは5体分のレヴェルバフを受け取れます。ヤスオが中央でもいいですね。

忘れがちですが、2番目のキャリーユニット(画像だとヤスオ・ソナ)にも3体分のバフが入るようにします。画像だとジンクスとジグスの位置だけ2体分のバフしか入りません。少しの違いですが、意識したい部分です。

特徴

  • ★3ヤスオとマスターイーがメインキャリー
  • リヴェルユニットは隣接するように配置する
  • 3ブレードマスターが必要(おすすめはシェン)
  • ヤスオにはソード系アイテム
  • マスターイーにはボウ系アイテム
  • 2ミスティックが作りやすい(ソナがミスティック持ち)
  • 一番のキャリーを中央に置く

これはあくまで一例です。ヤスオとマスターイーの2体をキャリーとして使う場合は、ブレードマスターが1体必要になります。シェンがコスパ的におすすめで、最終的にはもっと強いブレードマスターにアップグレードすることもできます。

作り方

  • レベル5まで ※無理にリヴェルを作らなくても良い
    • 3リヴェル(ヤスオ・マルファイト・ソナなど)
    • クロノ・ブローラー要因:ブリッツ
    • ブレードマスター要因:シェン
  • レベル6
    • ミスティック要因:カルマかソラカ(相手の構成次第)
  • レベル7
    • 6リヴェル
    • ブレードマスター要因:シェン
    • ※ブリッツOUT

※レベルはプレイヤーレベルです。プレイヤーレベル数は編成できるユニット数と同じです。

これがハイパーリヴェル構成の進行です。序盤は試合が長引きやすく、クロノが活きます。レベル6で6リヴェルが作れるのですが、3ブレードマスターが崩れてしまうので無理に作らないほうが良いです。

相手の構成次第ではありますが、レベル6あたりからミスティックを追加しておくと味方全体の魔法抵抗が上がるのでお勧めです。特にソーサラーやスターガーディアン・パイレーツなどが多いときは入れたいですね。トレイターやブラスター・サイバーなど魔法攻撃が多くない構成が多い場合はクロノ要因としてブリッツを入れておきましょう。

★3を目指すユニット

  • レベル5ハイロール
    • ヤスオ
    • ソナ
    • (マルファイト)
    • (ジグス)
  • レベル7ハイロール
    • マスターイー

★3を目指すのにおすすめのユニットは、ヤスオとマスターイー、次いでソナです。マルファイトやジグスの★3を狙っても良いですが、手札の空きが足らなくなることもあるので無理に目指す必要はありません。最悪ソナも諦めても大丈夫です。

また、シェンやブリッツなどのリヴェル以外のユニットの★3も狙えます。しかしながら、手札の枠が足らなくなりがちで作りにくいのと、後からマスターイーにお金をかけたいので、節約しておきましょう。シェンやブリッツは、もっと強い上位互換にアップグレードが可能なので作らなくてもいいかなというのが個人的な考えです。

アイテムについて

  • ヤスオ
    • ブラットサースター(ライフスティール)
    • ガーディアンエンジェル(復活)
    • ダメージ系(インフィニティエッジなど)
    • タンク系
  • マスターイー
    • グインソーレイジブレード(攻撃ごとに速度上昇)
    • ラピットファイヤキャノン(射程が倍に)
    • タンク系
  • ソナ
    • セラフ(マナ回復)
  • ジグス★3
    • ルーデンエコー(スペルに拡散ダメージ)

最もおすすめしたいヤスオのアイテムは、ブラットサースターとガーディアンエンジェルです。最後の3枠目にダメージ系アイテムを入れたいです。ヤスオが★3になり、ダメージ系アイテムが1つあることで、多くの敵キャリーは1回のスペルで暗殺できます。※ブラットサースターは最悪ガンブレードでもいいと思います。

マスターイーは、スペル発動で攻撃に確定の追加ダメージが発生するようになります。そのため、ダメージを上げるインフィニティエッジなどよりも、攻撃回数を増やした方が結果的にダメージが上がると思います。特にヤスオが暗殺しにくいタンク系アイテムをスタックしたユニットの攻略にマスターイーが活躍してくれます。

作りたいアイテムが作れない場合は、回避の上がるグローブ系のアイテムや耐久力の上がるベスト・ベルト系アイテムでもいいと思います。もし、ヤスオとマスターイーでダメージが出せない場合は、高ティアのジンクスやオレリオンソルがに頼るしかありません。

ジグスは売らない:デモリッションオレリオンソル

ジグスはデモリッションというシナジーを持っています。デモリッションを付与するへらアイテムである”デモリッショニストチャージ”が引けた場合に使い道があるので、ジグスは手札に置いておくというのもありかと思います。

特にスペルが広範囲に拡散するオレリオンソルと相性が良く、広範囲の敵を気絶させるスペルに化けます。

ファスト8リヴェル構成

リヴェルバルキリー構成

オレソルと他のティア5ユニットをメインに戦う

オレリオンソルを入手後は、ティア5ユニットをメインに戦います。ヤスオやマスターイーが解体できるのならば、解体して★2のガンクプランクやミスフォーチュン、ルル、エコーなどに渡していくといいかと思います。

キャリー候補

  • リヴェル
    • ジンクス(ブラスターの恩恵あり)
    • オレリオンソル
  • ヴァルキリー
    • ミスフォーチュン(ブラスターの恩恵あり)
  • デモリッショニスト
    • ガンクプランク

ハイパー構成ではないレヴェル構成の一例です。2枠でダメージの高いヴァルキリーを編成しています。基本的にはレヴェルを活かし、オレリオンソルにモレロノミコン(スペルに炎上付与)などのロッド系アイテムでダメージを稼ぐか、ブラスターであるジンクスにダメージを頼るのが良いかと思います。

画像には含まれていないですが、ガンクプランクも相性がいいです。

ミスフォーチュン★2が作れた場合は彼女にアイテムを渡してしまうことでダメージを稼いでくれます。

他のプレイヤーよりも先にレベル8にたどり着く

ファスト8リヴェル構成でメインとなるオレリオンソルやジンクス・ミスフォーチュンは高ティアのため、最低でもレベル7~8にならないと引くことができません。さらに、これらのユニットは山札に存在する数が少ないため、他のプレイヤーが入手してしまうと自分が手に入れにくくなってしまいます。

そのため、多くのゴールドはカードのリロールよりもレベルに費やす必要があります。そのため、ランダムに★2になったユニットを上手く活用できるとより早くレベル8までたどり着けます。

他のプレイヤーよりもパワースパイクが遅い

この構成は最高ティアのユニットをキャリーとして使うため、ティア3ユニットがメインの構成が最も強くなる時間帯を耐える必要があります。トレイターやソーサラーなどのティア3キャリーユニットが★2になった時間帯は、どうしても負けやすくなります。

その時間帯をなるべく減らすために、序盤で勝ちを重ねHPを確保しておくか、もしくは早めにレベル8にたどり着きジンクスかオレソル、その他ティア5ユニットのキャリーを作る必要があります。

次のパッチ10.7の情報

タイトルとURLをコピーしました