TFT10.6 セット3 ハイパープロテクターメタについて [テスト環境]

この記事は約8分で読めます。

PBEサーバーにて、TFTセット3のテストプレイが行われています。何回か修正も入っていて、正直なところ正確には追えていないのですが、3月6日に入ったスモールパッチの変更以降、プロテクターの需要が高まっていると感じます。個人的にも何回かプレイして、強さは感じているので紹介したいと思います。

※この記事はセット3テストプレイ時のもので、正式実装までに変更される可能性があります。

追記:ナーフ入りました

テストサーバー内にて少しナーフが入りました。

基本情報

関連シナジー

シナジー
編成数
説明Pre1Pre2
Celestial
2/4/6
全ての味方はダメージに基いて回復する回復
10/25/45%
回復
12/25/50%
Protector
2/4
プロテクターは詠唱のたびに、一定時間HPに比例したシールドを得るシールド
HP15/30%

共通
時間 3秒間
シールド
HP20/40%

共通
時間 3秒間
Sniper
2
スナイパーは自分とターゲットの距離によってダメージが増加する1マスごとに10%1マスごとに12%

テストサーバー内のパッチにてそれぞれ少しバフされました。

関連ユニット

ユニットオリジン
クラス
説明Pre1Pre2
Jarvan Iv
★1
Dark Star

Protector
ジャーバンはスタンダードを近くに呼び出し、近くの味方に一定時間速度上昇バフを与える攻撃 速度
40%/50%/60%

時間
6秒
攻撃 速度
50/60/70%

時間
6秒
Rakan
★2
Celestial

Protector
ターゲットの隣にダッシュし、飛び跳ねる。隣接した全ての敵にダメージとノックアップを与えるダメージ
150/250/350
ダメージ
175/275/450
Xin Zhao
★2
Celestial

Protector
ターゲットを3回攻撃し、通常ダメージ(On-hit効果適応)を与える。3回目の攻撃は追加でマジックダメージを与え、ノックアップするダメージ
125/200/350

ノックアップ
1.5秒
ダメージ
125/200/350

ノックアップ
1.5秒

マナ
0/55から0/50
Neeko
★3
Star Guardian

Protector
ジャンプから地面にスラムし、隣接した全ての敵にスタンとマジックダメージを与えるダメージ
100/150/250

スタン 時間
1.5/1.5/2.5
ダメージ
100/150/250

スタン 時間
1.5/1.5/2.5

概要

  • プロテクターは、スペルでシールドを獲得するタンク
  • 終盤はプロテクター以外でダメージキャリーが必要
  • へら・プロテクターチェストガードで拡張性あり
  • ハイパーロール奨励

プロテクターは、あくまでタンクです。そのため、中盤~終盤を勝ち切るには、プロテクター以外のダメージキャリーを用意する必要があります。また、へらアイテムのプロテクターチェストガードを利用することで、拡張性が上がり化けるユニットもいくつかいます。

また、核となるユニットのレア度(ティア)が低いため、ハイパーロール奨励の構成です。ハイパーロールとは、ユニットのレベル3を狙いに行くことで、プレイヤーレベル4~7くらいで、カードのリロールを優先します。

序盤のキャリー候補

  • ケイトリン → ダークスタースナイパー派生
  • ザヤ → ザヤキャリー派生(状況が限定的)
  • カイサ → へら派生(状況が限定的)

この2体が序盤のキャリーとして向いています。基本的にアイテムは、派生によって大きくはずれないので、ボウやソードをメインにを集めていけばいいかなと思います。スナイパー派生は、どのキャリーからも派生していけるので、安定はスナイパーです。

派生については後程詳しく。ザヤとカイサ派生については作れる状況がかなり限定されています。

プロテクター構成

protector
プロテクター

プロテクターの核となるユニットは、もちろんプロテクターの4体です。ティアが1~3のユニットがタンクをしなければいけないので、ハイパーロールにてレベル3を狙いに行かなければ後半で負ける可能性が高まります。相手がティア4~5を揃えてくるゲーム終盤を勝つためには、これらのユニットのレベル3が必要になります。

レベルの優先順位

  1. シンジャオ
  2. ラカン
  3. ジャーヴァン
  4. ニーコ

これらは、あくまで主観です。ラカンを最も優先させるという方もおられると思います。また、ニーコのレベル3の優先度も人によって変わると思います。私は、ダメージキャリーへお金を使いたいので、最もコストの高いニーコの優先度は下げています。

優先するのは、ラカンとシンジャオです。この2体はノックアップなど妨害スペルを持ちます。そのため、ダメージキャリーが安定してダメージを出せる状況を作りやすくしてくれます。スペル自体は、ラカンの範囲ノックアップの方が強いのですが、マナが低くスペルの回転率の高いシンジャオの方が長い間タンクしてくれます。

ジャーヴァンのレベル3も作れるなら作った方がいいですが、手札の空きが足りない場合などは諦めても良いと思います。

スペル回転率 (テストプレイ時)

  1. シンジャオ:0/50
  2. ジャーヴァン:50/120
  3. ニーコ:75/150
  4. ラカン:50/150

※この数値はパッチによって変わると思います。

スペル回転率はシンジャオが飛びぬけて高いです。なぜスペル回転率が大事かというと、プロテクターの「スペル使用でシールド獲得」という効果が関係しています。回転率が高いほどシールドを獲得できるので、耐久力が高まります。

ダークスタースナイパー派生

protector-sniper
プロテクタースナイパー

最も手堅いと思うのが、ダークスタースナイパー派生です。これは”へら”が無くても成り立つため、アイテムに依存しません。ついでに2ミスティックと4セレスティアルも完成するので、防御面も強くなります。

特にセレスティアルのジンへの恩恵は高く、試合終盤でジンへのダークスタースタックが貯まっている状況で輝きます。

セレスティアルとダークスターの相性

  • ダークスター:ダークスターのデスで近くのダークスターの強化
  • セレスティアル:ダメージに基づいて回復する

※セレスティアルは、もともとセレスティアルのダメージに基づいて回復という仕様だったと思うのですが、いつからか全てのユニットのダメージに基づいて回復するようになってました。

ダークスターのデススタックがジンに渡ったときにこの効果が跳ね上がります。ジンの攻撃は敵をオーバーキルできるほど高くなり、ダメージが2000以上(クリティカル+毎4回ごとの攻撃)を超えてきます。つまり、ジンのオーバーキルダメージの25%(2000ならば500)回復します。状況が良ければ全回復するほどです。

もちろん、セレスティアルの効果はプロテクターの回復にも貢献してくれるので、目立ちませんが地味に役に立ちます。

キャリーはアッシュでも可

アッシュも3スタックすることによってキャリーになれるポテンシャルがあります。特にスペルは範囲スタンなので、ショウジンやグインソーなどを組み合わせることで妨害+ダメージ面で強くなります。アッシュをキャリーにする場合はダークスターは外しても大丈夫です。

へら派生

プロテクターは、へらアイテムによって化けます。

プロテクターカイサ

プロテクターカイサ

カイサは、プロテクターアイテムを装備することで化けます。テストサーバーで、かなり流行っている構成です。カイサには、プロテクター・ヴァルキリー・インフルトレイターの3つのバフが乗り、グインソーの効果で攻撃速度が高まってからは常にシールドを貼り続けるという状況も生まれます。まさに、セット1のカイサ構成のような状況が生まれます。

ヴァルキリーの効果によって、ターゲットのHPが一定以下でスペルと通常攻撃がクリティカルになり、インフルトレイターの効果でキルによって攻撃速度を獲得し、スペル発動ごとにシールドを獲得する…という感じです。

ハイパーロールの際にカイサ★3を作れればさらに強くなります。(この状況で”へら”を持っていなければ賭けになるので注意です)

カイサのマナについて

カイサのマナは0/60で全体でみるともっとマナの低いユニットが存在します。最初はイレリア(マナ:0/30)の方が強いのではと思い試してみたのですが、カイサの方が強いと感じました。

※カイサはティア2で暴れすぎている気もするので、正式実装時にナーフされそうな気がします。

プロテクタースターシップ

starship
オレリオンソル

スターシップのオルリアンソルもプロテクターアイテムを使いこなせるユニットです。こちらもカイサと同じくぐらいのマナで、スペルの回転率が高いです。スターシップの効果で、毎秒マナ20を獲得できるので、どんな状況でもスペルとシールドを獲得できるのがカイサとの違いです。

特に、カイサアイテムが乏しい場合は、カイサを売ってオレソルに渡しても良いと思います。

ザヤキャリー派生

ティア1のザヤも、レベル3を作ることでキャリーしてくれるようになります。ザヤは、セレスティアルでもあるので、セレスティアル4が作りやすくなります。

ザヤのブレードマスターを活かしても良いのですが、個人的なおすすめはルルやカルマなどのミスティックを入れることです。ブレードマスターを入れると、ティア5を入れにくくなるので微妙かなと思っています。

ザヤキャリーは、スナイパーなどには劣るかもしれないので、ザヤの引きがいい場合にのみ限定したらいいかなと思っています。

ザヤのアイテム

  • スタティックシヴ(攻撃3回ごとに電撃発生)
  • グインソーレイジブレード(攻撃ごとに速度上昇)
  • ジャイアントスレイヤー(通常攻撃にターゲットHPに比例した追加ダメージ)

ザヤのスペルは、攻撃速度が上昇するものです。セット2のアッシュと似ているので、スタティックシヴなどがおすすめです。

プロテクターのアイテム

  • ベルト
    • ワーモグアーマー
    • リデンプション
  • ベスト
    • ブランブルベスト
  • クローク
    • ゼファー
    • ドラゴンクロウ

ソード・ボウ・ティア・ロッド・グローブなどのダメージ系アイテムはキャリーに渡すと考えると、これらのアイテムが残ってきます。もちろん、ソードを使うガーディアンエンジェルなども強いと思います。

ハイパーロールが成功すれば、中盤にパワースパイクを迎え、勝ち逃げゲームになります。カルーセルラウンドでダメージ系素材を拾いにくくなるので、序盤からダメージアイテムを作っておかないとリスクはあります。そのため、私がおすすめするのはベルト・ベスト・クローク系のアイテムとしています。

セット3についての記事

タイトルとURLをコピーしました