TFT 9.24B ランダムラックスメタについて 使い方と構成

この記事は約8分で読めます。

パッチ9.24にてラックスがバフされて以来、ランダムラックスの需要が徐々に高まってきました。ティア7のチャンピオンのため、ラックスありきの構成というのが非現実的で目指すべきではないと考えているのは今までと変わらないです( 個人的な考えなので違うと思われる方もいらっしゃるかと思います)。

この記事で紹介するのはランダムラックス、つまり構成に深く関係しないラックス・後半から無理矢理構成にねじ込めるラックスについてです。

※この記事はパッチ9.24B時点のものです。

基本情報

ラックスの歴代パッチのステータス推移

チャンプエレメントクラススキル説明Patch9.22Patch9.24
Lux7Steel
Shadow
Ocean
Cloud
Glacial
Light
Crystal
Woodland
Electric
Inferno
Avatar線上のビームを発射し、当たった敵にダメージを与え、キル時にマナを回復する

※プール内に10種のエレメントのラックスが1体づつ存在する ラックスを購入すると以降同じエレメントのラックスがショップに並ぶ(売ると変わる)
ダメージ:500/800/9999
マナ回復:50
マナ:0/85から0/80↑
ダメージ:600/900/9999↑

※記載していないパッチにてラックスのステータスの変更はありません。

ラックスはセット2ローンチ時のステータスよりも現在は高いです。スペルダメージがレベル1~2で100づつ上がり、最大マナも85から80に下がっています。

関連シナジー

シナジー
(編成数)
効果 Patch9.24Patch9.24B
Cloud
(2/3/4)
全ての味方が回避率を得る
回避率:+20/25/35%
Crystal
(2/4)
クリスタルのチャンプは1ヒットで受けるダメージの最大が一定値以下になる
最大ダメ:100/60
Electric
(2/3/4)
エレクトリックチャンプはクリティカルを受けor与えた際、隣接する敵にダメージを与える
隣接ダメ:100/300/500
隣接ダメ:80/250/500↓
Glacial
(2/4/6)
グレイシャルの通常攻撃は確率でスタンさせる
※On-hit効果を持つスキルに適応される
確率:20/35/50%
スタン:1.5秒
Inferno
(3/6/9)
インフェルノのスキルが当たったターゲットの足元一定時間燃やし、踏んだ敵にスペルに比例したマジックダメージを与える
時間:4秒
ダメージ:70/120/180%
範囲:1/3/5マス(New)
クリティカルでも発動(New)
ダメージ:70/140/210%↑
Light
(3/6/9)
ライトチャンプがデスする度に残りのライトチャンプは攻撃速度を獲得し、デスしたライトの最大HPに比例して回復する
攻撃速度:+15/25/35%
回復:HP25%
Ocean
(2/4/6)
全ての味方は一定間隔ごとにマナ得る
間隔:4秒
マナ回復:15/30/60
Shadow
(3/6)
シャドウチャンプは戦闘開始時に一定時間ダメージ上昇し、キルとアシストで効果が再度発動する(バフ対象は編成数によって変わる)
時間:5秒
ダメージ:+70/140%
対象:自身/全てのシャドウ
ダメージ:+60/140%↓
Steel
(2/3/4)
HPが一定を切ると数秒間のダメージを受けなくなる
HP:50%
時間:2/3/4秒
Woodland
(3)
ラウンドの開始時にランダムなウッドランドは分身します

ランダムラックスが活躍しやすい構成・条件

ランダムラックスが使える場面というのは勿論限られています。

オーシャン2

  • ノーチラス&スレッシュ
  • ノーチラス&ナミ +(ミスティック)

ラックスのダメージ源はマナです。そのためマナを供給してくれるオーシャンシナジーと相性がいいです。有名なので、ご存知の方も多いと思いますが、ノーチラス&スレッシュ、もしくはノーチラス&ナミという組み合わせはとても強い構成の部品のため覚えておくと必ず役に立ちます。

スレッシュを売って、ナミにアップグレードするというプレイはチャレンジャー帯のプレイヤーさんもよくやっておられます。マスターイーやソラカ・ジャンナと組み合わせてミスティック2を発動させやすくなります。

アイテム・ニーコ所持時

ラックスは、ティア7のため引ける確率が低いです。そのため、例えランダムラックスが活躍しやすい条件がそろっていても、長い間レベル1で抱えてしまうということになりやすくもあります。

ラックスはコストが7ゴールドなので、2体で14ゴールド、つまりはキープし続けたターンだけ利子は確実に失います。レベル2にし、アイテムをスタックさせることでコスト以上の働きは期待できますが、ニーコを所持していない場合は利子損失のリスクは覚えておく必要があります。

メイジキャップ所持時

へらアイテムである、メイジキャップを持っている場合もランダムラックスが使えることがあります。特にオーシャンメイジ構成の場合は、ブランドの代わりになるというケースもあります。

ブランドももちろん強いチャンピオンですが、ラックスとブランドのスペルが大きく違うため、ラックス向きのアイテムを所持していた場合やブランド向きのアイテムが無い場合はブランドを売ってラックスを入れるなんてことも選択肢に入ります。

もちろんレベル2のブランドを売るなんてことを勧めるつもりはありません。ブランドとラックスの2キャリーという使い方が基本になるかと思います。

ラックス1キャリー構成

  • ブラッドミア
  • シンドラ
  • ラックス(メイジキャップ)

ブラッド&ラックスの2キャリー構成

  • シンドラ
  • ブランド
  • ラックス(メイジキャップ)
  • ノーチラス or ナミ(オーシャン要因)

おすすめランダムラックスのエレメント

ランダムラックスが強くなったとは言え、エレメントごとに使いやすいものとそうでないものが存在します。主観にはなるのですが、おすすめのラックスのエレメントとどのチャンピオンと組み合わせるのがいいかという事について簡単に紹介します。

基本的にランダムラックスという使い方のため、高ティアのチャンピオンとの組み合わせになります。ライト9のように元のライト6ありきのものについては考慮しません。

クリスタルラックス ★★★

  • タリック
  • アッシュ
  • クリスタルラックス
  • (ノーチラス)
  • (ナミ)

今のメタに最も沿っていると思うのがクリスタルラックスです。アッシュもタリックも、今パッチでは高ティアなので回りの影響も強いです。特にタリックとの相性は抜群で、ノーチラスとナミと組み合わせることで、オーシャンとウォーデンが発動します。同じウォーデンのアムムが強いという影響も少なからずありますね。

余談ですが、クリスタルが発動しているタリック単体にウォーデンバフはあまり恩恵がありません。

オーシャンラックス ★★

  • オーシャンラックス

オーシャンラックスは、単体でオーシャン2が発動します。もともとオーシャン2がいた場合はオーシャン4にアップグレードできます。オーシャンはラックス自身に相性がいいだけでなく、たいていどのような構成でも味方全体への恩恵が期待できます。

これはクラウドラックスとは違い、相手の構成に左右されにくい点が優れています。

シャドウラックス ★★

  • マスターイー or キンドレット
  • シャドウラックス

シャドウラックスはキンドレットとマスターイーと相性がいいです。どちらも様々な構成で使えるチャンピオンのため、今の構成と深く関係していなくても使うことが可能です。シャドウの効果自体もラックスと相性が良く、シャドウバフが発動しているラックスのスペルは相手チャンピオンを一撃で倒すなんてこともあります。

エレクトリックラックス ★

  • ゼド
  • ボリビア or オーン
  • エレクトリックラックス

エレクトリックは、パッチ9.24Bにてナーフされたため依然よりおすすめ度は低くなっています。4体編成を考えるとティア5のゼドと低ティアのボリビアかオーンが必要なため後半から作りにくいという弱点も否めません。

しかしながら、エレクトリック4を組めた時の影響力は大きいのは間違いありません(エレクトリック4はナーフの影響はなし)。

クラウドラックス ★

  • (ジャンナ)
  • (ヤスオ)
  • クラウドラックス

クラウドラックスもオーシャンラックスと同じく、単体で味方全体への恩恵が期待できます。しかし、オーシャンとの大きな違いは、相手の構成によっては活躍できない点とラックス自身への恩恵が少ないという点です。スペル攻撃が主体のメイジやインフェルノ、シャドウ相手にはクラウドの効果は低く相手の構成をしっかり見て使う必要があります。

blender
ブレンダー構成

また、今パッチにてジャンナとヤスオがどちらも汎用性が低いという弱点もあります。ブレンダー構成だとジャンナもヤスオもどちらも使うので、向いていると思われがちですが、ブレンダー構成は全てのチャンピオンがマスターピースレベルで構成のシナジーと関わっています。

相手の構成がアタックダメージに強く偏っている場合以外はブレンダー構成にクラウドラックスを入れるのは難しいです。

その他

  • インフェルノラックス ★
    • アムムやキンドレットなどと組みやすい
  • スティールラックス
    • 味方全体への恩恵が少ない
    • スティール構成が現状少ない
  • ウッドランドラックス
    • シナジー効果はほぼ期待できない
  • ライトラックス
    • ヨリックなどと組み合わせることは可能
    • 味方全体への恩恵は少ない
  • グレイシャルラックス
    • オラフやエズリアルと組み合わせられる
    • グレイシャル構成が限られている

メタの変動に注意

どのラックスが強いかはメタの変動の影響を強く受けます。今紹介したおすすめラックスは、パッチ9.24B時点のものなのでアプデによっておすすめ度が下がったり、上がったりします。

ラックスの弱点

  • クリスタル構成に弱い
  • キンドレットなど動くチャンプにスペルを外しまくるときがある

ラックスにも弱点が存在します。特にクリスタル構成相手には高火力のスペルは活きません。ダメージは大きく軽減されるため、ラックスの狙う敵によっては誰も倒せないなんて状況になることもあります。

また、ラックスのスペルは詠唱から発動までタイムラグがあります。このタイムラグによってスペルが外れることも多々あり、特にキンドレットやカジックスなどスペルで移動するチャンプにスペルが当たりにくいです。

おすすめ配置はバックラインの角

ラックスはバックラインの角(right bottom/left bottom)に配置することでより多くの敵にスペルが当たりやすくなります。アサシン構成相手には裏目にでることがあるので状況次第ではありますが、当たりにくいスペル持ちのため配置には考慮が必要です。

タイトルとURLをコピーしました